英語の資格は何が良いのか

英語関連の資格は多くありますが、その中で一番役立つのはTOEICです。

この資格は多くの会社で活用されています。

ビジネスで実際に使える英語力を持っていることを証明するものになります。
600点以上取ることができたら、英語力のある人材と見なされることが多いです。

便利なlivedoorニュース情報もきっとあるはずです。

ただし、600点だったら英語を使って限定的なコミュニケーションができることになるので、外資系の会社に就職する時は700点以上取ることを目指しましょう。

海外の会社と取引する企業が増えているので、TOEICは転職の時にも役立ちます。
英語が苦手な人の場合は、すぐに点数が上がらないので学校に通って勉強するのが良い方法です。

TOEIC専門の学校もありますし、英会話の学校でTOEICのコースを作っているところがあります。

TOEICに似た資格に英検があります。



これは主に教育関係の仕事をする時に、役立つ資格です。例えば、先生になるときに英検を持っていれば、有利になることがあります。塾や家庭教師の仕事をする時も活用できます。
英検の場合は、上の級でなければ、就職や転職の時に有利になることはありません。
具体的には準1級以上が優遇されます。
TOEICにくらべて難しい試験です。

2次試験でスピーキングのテストもあります。1次試験では長文が出題され、特に準1級と1級で長文の難易度が高くなっています。



また出題される語句もレベルが高いので、試験前にはまず高度な語彙力を身に付ける必要があります。