メンタルヘルスマネジメントについて

現代ではますます複雑な社会となり、私たちには大きなストレスが生まれています。

学校生活の中でも人間関係が非常に複雑になっており、引きこもりの問題がクローズアップされています。



またいじめの問題も絶えません。

社会に出てからも業務のグローバル化や効率化により、ストレスフルな社会となっています。


企業では、そのようなストレスから従業員を守るため産業医などをおき、問題解決の対策をおこなっています。

メンタルヘルスマネジメントを考える上で、産業医の助けを借りながら、日頃の社員の様子に気をつけていかなければなりません。業務や生活上に問題や不安があり、誰にも相談できず、心の奥底にストレスが溜まったままになっていれば、いつかは大きな問題が噴出してしまうでしょう。優秀な人材は、仕事の悩みは仕事上で解決するという気持ちを持っている人たちがいますが、そのような人たちには知らない間にストレスが積み重なっていきます。

それがひどくなっていけば、ある日突然何かのかきっかけで心が折れてしまい、出社すらできないという事態になってしまいます。

またこのメンタルヘルスマネジメントの対象は何も部下だけではありません。

特に中間管理職の人たちは、部下からの突き上げや上司からのプレッシャーにさらされて、たいへんな心理的不安を感じています。

このようなことから企業としては、全従業員が安心して働けるようメンタルヘルスマネジメントを使い、社員を守っていくことが必要です。



そうすることで、企業の社会的な信用も上がります。