薬膳コーディネーターの知識を生かす方法

薬膳コーディネーターは、民間のさまざまな団体によって認定されています。

その為名称も薬膳コーディネーターだけでなく、その他幾つかの呼び名があります。

通信教育や独学で学び、本草薬膳学院が認定する資格試験に合格する必要があります。



薬膳コーディネーターは薬膳の初級の知識を持つ資格で、さらに中級・上級の資格もあります。



試験に合格した後、本草薬膳学院に編入し、中級の中医薬膳師や上級の国際薬膳師を目指すこともできます。試験の出題範囲は、「漢方論を含む薬膳の歴史」「病気の原因・対策・内臓機能についての漢方理論」「各内臓に効果的な食材」「食材の特徴と効能」「季節ごとの病気の変化と対応」などとなっています。
薬膳コーディネーターの試験には、自宅で受験できるものも存在します。小さい子供さんがおられる方や仕事の都合で会場まで行かれない場合など、自宅であれば緊張することなく試験に挑むことができるでしょう。

薬膳とは中医学を基にした食事による栄養学で、すでに栄養士や調理師の資格を持っている場合にもさらに仕事の幅を広げることが可能です。
またレストランで働かれていたり、ご自分の健康や美容にも役立つ知識となるでしょう。体だけでなく、精神的アンバランスによるイライラしたりくよくよする状態は未病と呼ばれ、体全体のバランスが崩れているとされます。



このような状態を続けていると本当に病気となってしまうので、普段の生活から病気にならないよう、予防するために役立ってくれるはずです。